沖縄陶器製作体験

石垣島の子どもたちによる沖縄陶器製作体験

石垣市立新川小学校にて沖縄陶器の製作体験を9月に開催した。11月には、地域食材を使った調理実習と、製作した器での食事会を実施した。

■企画の目的
・陶器づくりの面白さを通し、将来の消費者(購買者)となる子どもたちの沖縄陶芸や陶器製作者への関心度を高める。
・自分たちで育て収穫した米を炊き、食べることにより、地域の食文化に関心を持ってもらうため行っている学校の恒例行事に、自分の製作した器を実際に使用して食事してみることで、モノ(道具)への関心と大切さ、使うことの楽しさを実感する。
■企画を実施した結果として
・子どもたちに対し、モノづくり(陶器づくり)や石垣島の陶芸に関する興味を促進することができた。
・地域陶芸家指導による器づくりや地域食材での調理実習により、自分たちの住む石垣島へのあらたな認識が芽生えた。
陶器生産の振興、地域振興にとって、県内の多くの地域で同様な企画を広めて行くことが望まれる。

■参加した新川小学校 5年1組のこどもたちの感想

今日のとう芸教室は、とても楽しかったです。とくに一番楽しかったことは、下の台みたいなのを作るのと、手を水でぬらしてねんどとねんどをつなげる時がおもしろかったです。完成したのは、四角の形にしました。自分の好きな形で作れてとてもとてもうれしいです。はやくあのおさらでご飯が食べたいです。人それぞれのものを自由につくれて楽しかったです。手はよごれたけど、いい体験ができたと思います。がらとかをつけるのもおもしろくて、自分の名前を書けてうれしいです。楽しかったのでまたやりたいです。教えてくださって、ほんとうにどうもありがとうございました。

きょうは、ぼくたちのためにとうげいを教えてくれました。とうげいのねん土は、とっても、さわると、気持ちがよくて、何回も水をたしました。そしたら、のろのろして、とっても楽しかったです。しかも、とっても、キレイにおさらと、コップができたので、たのしかったです。ぼくは、できあがりは、あと1カ月もかかるというので、とってもびっくりしました。ぼくたちのためにいろいろなことを教えてくれてありがとうございました。またきてください。

今日、私たち五年生は、とうげい作りをしました。 私は、ご飯を食べる皿を作りました。私は、初体験だったので、とってもドキドキしました。でも、やってみると、とっても楽しくて、いい作品が作れました。初めて、ああゆうねんどをさわったので、とっても、きもちよかったです。そして、やきあがるまでに、1カ月もかかるなんて、まちきれないけど、たのしみです。はやく自分で作った、おちゃわんで、ご飯を食べたいです。 でも、ちょっと、しっぱいしたと思う所があります。そこは、文字の部分です。その理由は、2001年とかいたけど、うすかったからです。みんな、こくかいていたのに、私だけ、うすかったので、とってもしんぱいです。でも、じしんはあります。今日は、ほんとうに、私たちのために、わざわざきてくれてありがとうございました。また、ようじがあるときは、新川小学校にきてください。今日はほんとうにありがとうございました。

今日、ぼくは、初めてとうげいをしました。だけど、やる前はかんたんそうに見えたけど、やってみるとむずかしかったです。さいしょに、ねんどから空気をぬく作業はたたいたりして楽しかったです。形を作る作業はちょっとむずかしかったです。やいた後はどうなるかが楽しみです。早く見たいと思ってます。 次は焼く所見たいです。自分で作った皿で自分達で作った米を食べてみたいです。楽しみです。

今日は、楽しみにしていた、とうげいをやって、むずかしいと思いました。最初は、かんたんなものだと思っていましたが、空気をぬくために、いたにたたきつけたり、ねんどがあんなにおもくて、おどろきました。おさらを作るとき、ねんど全部を使ってやったけど、あまりにも大きすぎてやりなおしました。そういうところも、ちょうせつしてやっているところが、すごいと思います。まちがえたりしても、「ここはこうするんだよ」とか、「こうしたほうが、いいんじゃない?」とか、教えてくれて分かりやすかったです。できあがりを楽しくまっています! また作ってみたいと思いました。

私は最初とう芸作りをすると聞いた時、「土っぽいねんどを形をつくってやくんでしょー」と思いました。でも、じっさいにやってみると、意外とおもしろいなって思いました。 私がむずかしかった所は、空気をぬく所です。どのくらいバンバンやっていいのかな? やりすぎたらどうなっちゃうのかな?って思いました。でも、逆に楽しかった所は、自分だけのそのおちゃわんの形を、どう作ろうかな? どんなものがいいのかな?っとイメージする所です。かんべさんは好きな形でいいよー、なんでもいいよーっと言ってたのでがんばって形やバランス、大きさをととのえました。おちゃわんを作っていく内に、楽しいな、もっとやりたいなっと思いました。 ごはんを食べるのも、どんなかな?って思うので楽しみです。とう芸の作り方を教えてくださって本当の本当にありがとうございました。