陶器量産化技術開発部会

陶器量産化技術開発部会の取り組みについて

 陶器を量産(反復生産)する際には主に石膏型を用いる。その石膏型を用いた陶器生産には、様々な専門知識や熟練された高度な技術を必要とするため、 技術の伝承や新たな需要に対する迅速な対応が困難な状況にある。このため県内では量産が必要な陶器の需要への対応が難しく、県外および海外 からの移入品に頼っているのが現状である。

以上の問題について、手作り中心の伝統的陶器産業とは競合しない、工業 的分野への需要にも対応できることを目標として、IT技術を用いた陶器原型加工技術の開発に関する以下2つの項目について取り組んだ。