本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

やちむん家

陶工紹介


昔から家々の屋根に鎮座し、災いから守ってきたシーサー。
現代でも家内安全、無病息災を願うものとして愛されている。
やちむん家もそんなシーサー作りにこだわりを持ち、災いに睨みをきかす堂々とした姿に焼き上げている。
又、泡盛を美味しく飲むため、酒器を始め、古酒づくりの甕の制作にも力を入れている。
 

新垣 栄得あらかき えいとく  父

 

陶歴

昭和04年 幼い頃から陶工人の祖父の手伝いをし、30代からは叔父(新垣栄用)と共に首里にて花鉢やシーサーなどを登り窯で焼いていた
昭和61年 壺屋やちむん通りに「やちむん家」を設立
平成 5年 第45回沖展入選
平成 7年 三越ギャラリーにてやちむん家設立10周年記念親子作陶展
 

新垣 キクあらかき きく  母

 

陶歴

昭和11年 三男二女の子供を育てながら夫と共に新垣栄用陶器工 場のもとでロクロを使い 一輪差しの小物から酒壷などの 中物を専門に、時には酒壺に龍を巻いたりと意欲満々。 「やちむん家」の縁の下の力持ちとして数少ない女陶工 人の一人である
平成 5年 第45回沖展入選
 

新垣 栄一あらかき えいいち  長男(沖縄県工芸士)

 

陶歴

昭和35年 那覇市首里にて出生
昭和50年 小橋川陶芸店にて(故)小橋川永仁・小橋川昇に師事上焼を学ぶ
昭和55年 第32回沖展入選
昭和59年 独立、同時に父栄徳と共に「やちむん家」を支える
平成 4年 第7回那覇伝統工芸祭り奨励賞受賞
平成13年 壺屋陶器事業協同組合青年部作陶展出展
平成18年 沖縄県工芸士認定
 

新垣 得ニあらかき とくじ  次男

 

陶歴

昭和39年 22才から父、兄のもとで見習いとしてシーサーを専門 とし、ユニークな物から威嚇シーサーまで作っている。 ロクロを習い、大物の壺にも挑戦!
平成 4年 第44回沖展入選
平成 6年 第46回沖展入選
 

新垣 光雄あらかき みつお  三男

 

陶歴

昭和41年 学生時代から父、兄の手伝いをし、卒業後見習として 手作りシーサー、龍を専門に、父を師として将来の夢 は大きい。
平成 3年 第43回沖展奨励賞
平成 4年 第44回沖展入選
平成 5年 第45回沖展入選
高江洲康宣賞公募展奨励賞
平成 6年 那覇市伝統工芸館「時代を刻む器」作陶展に出展
  高江洲康宣賞公募展奨励賞
  第46回沖展入選
平成11年 第51回沖展入選
平成12年 第52回沖展入選

新垣 雅子あらかき まさこ  

陶歴

平成15年 第24回壺屋陶器まつり若手陶芸公募展 金賞
平成16年 第25回壺屋陶器まつり若手陶芸公募展 奨励賞

作品