本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

常秀工房

陶工紹介


壺屋の伝統を大切にしながらも、自分ならではの作風をいれていこうと意欲的な姿勢が、日用雑器の数々に見られている。
呉須と赤絵を得意とし、その美しい瑠璃色を醸し出す呉須大皿や、赤の際立つ輪描急須や蓋物などに心意気が現れる。
 

島袋 常秀しまぶくろ つねひで(国画会会員)

理事

 

陶歴

昭和23年 那覇市壺屋生まれ
昭和47年 琉球大学美術工芸科卒
父、島袋常恵に師事
昭和50年 常秀陶器工房設立
昭和53年 国画会新人賞受賞
第1回個展(以後毎年行う)
昭和57年 現代沖縄陶芸展金賞受賞
昭和58年 沖展準会員賞受賞
昭和59年 沖展準会員賞受賞
沖展会員に推挙される
沖縄県工芸公募展優秀賞受賞
昭和61年 現代沖縄陶芸展奨励賞受賞
昭和62年 工房を読谷村座喜味に移す
金城次郎窯を協同窯として使用する
沖縄県立芸術大学講師として採用される
平成 1年 沖縄タイムス芸術選賞受賞
第11回現代沖縄陶芸展金賞受賞
平成 2年 沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞
  現代沖縄陶芸展無鑑査
沖縄県立芸術大学美術工芸科助教授になる
平成 3年 芸大教官29人展
平成 4年 東京西武百貨店にて個展
平成 5年 沖縄三越にて個展
平成 6年 東京西武百貨店にて個展
  沖縄三越にて個展
平成 7年 沖縄三越にて個展
平成 8年 沖縄三越にて個展
平成 9年 東京西武百貨店にて個展
平成10年 沖縄三越にて個展
平成11年 東京西武百貨店にて個展
平成12年 沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞
平成13年 東京西部百貨店にて個展
平成14年 沖縄県立芸術大学美術工芸科教授になる
平成19年 国画会会員になる
   ガーデンギャラリー杜ぐすくにて個展
平成20年 壺屋焼物博物館にて個展
平成24年 退任記念展を西武池袋本店、そごう横浜にて行う
平成25年 1月 沖縄県立芸術大学 退任記念展
3月 沖縄県立芸術大学 退職

作品