本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

陶真窯

陶工紹介


青い海に熱帯魚が泳いでいるキビ灰釉のパーティー皿が印象的な陶眞窯の作品は、
他にもデイゴをモチーフにした赤絵や、魚文、焼締めの南蛮と、沖縄における作陶の手法を駆使したもので、強いこだわりが、感じられる。
又、茶碗にも力を注ぎ、風流に南国の花を咲かせる。読谷の工房では体験教室も行っている。
 

相馬 正和そうま まさかず(日本伝統工芸士)

 

陶歴

昭和24年 神奈川県横浜に生れる
昭和47年 沖縄へ渡り壺屋焼高江洲育男氏(育陶園)に師事
昭和48年 韓国に渡り古窯を訪ね研鑚を積む
昭和50年 恩納村に登り窯を築き独立する
昭和53年 読谷村座喜味に登り窯を移窯
昭和55年 西部工芸展・国画会展に入選
大阪高島屋にて個展
昭和56年 国画会展入選
昭和57年 沖展奨励賞受賞
昭和61年 現代沖縄陶芸展 銅賞
昭和63年 沖縄開発庁長官来窯し、作品をお買い上げになる
平成 2年 横浜有隣堂ギャラリー個展
福岡大丸デパート個展
東大寺館長清水公照老子来窯し製作する
平成 3年 現代沖縄陶芸展にて奨励賞受賞
平成 1年 沖縄タイムス芸術選賞受賞
大英博物館(イギリス)来沖し、「線彫大抱瓶」をお買い上げになり常設展示となる
クラフトセンタージャパン丸善ギャラリーにて沖縄工芸デザイナー協会「亜熱帯の色と形」展を行い会長を務める
平成 4年 福岡玉屋デパート・沖縄三越にて個展
平成 5年 NHK人生読本に出演「沖縄の心を焼く」をテーマと して語る
スペイン各地を歴訪し研鑚を積む
平成 6年 東京西武百貨店にて個展
平成 5年 韓国に渡り慶州利川の窯元をめぐり研鑚を積む
リウボウ美術サロンにて個展
平成 7年 フランス・イタリアを歴訪し研鑚を積む
沖縄デザインコンペにて作品「ブルーコーラル」照明器具が優秀賞を受賞
平成 8年 沖縄総合事務局長賞を受賞
リウボウにて個展
平成 9年 リウボウにて個展
平成10年 リウボウホール・美術タウンにて「群・舞・礁」25周年展
平成11年 沖縄三越「茶の湯の器」展を行う
クラフトセンタージャパンにて沖縄クラフト暮らしの器展を巡回
平成12年 静岡県デザインセンターにて沖縄の工芸展「南からの美技」展の会長を務める
東京ギャラリー一輪にて琉球南蛮展を行う
平成13年 現代沖縄陶芸展にて優秀賞受賞
  熊本・富山・沖縄にて個展
平成14年 伝統工芸士認定
  広島ふく屋個展
  ベトナム・タイを歴訪
平成15年 北海道芸術の森にて展示会
  民芸きょうとにて個展 隔年開催する
平成17年 プラザハウスグローバルギャラリーにて二人展
  壺屋焼物博物館にて茶陶展
平成18年 銀座画廊にて展示会
  リウボウにて陶のかたりべたち「十三人の魂」展
平成21年 横浜高島屋にて個展
  京王デパート美術画廊にて個展「琉球南蛮」
平成22年 首里城奉神門防水甕(ハンドゥー)の復元の依頼を文化庁から受け技術者と共にて作製する
  山口井筒屋にて個展「琉球南蛮展」を行う
  リウボウ美術サロンにて「南蛮展」を行う
平成24年 小倉井筒屋にて個展
  佐賀玉屋にて個展
  県立美術館・博物館にて「うぎゃー」展にオブジェ・サンゴ再生「ブルーコーラル」fromニライカナイを出品(4m)

作品