本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

高江洲陶器所

陶工紹介


伝統的加蝕法である、線彫りや掻き落としなどが施された徳利や、抱瓶、湯呑、マグカップなど、
丁寧に作り上げた雑器には、魚文や唐草や格子をモチーフとした絵柄を用い、素朴な温かさが漂ってる。又、上焼のシーサーたちも優しげな印象。
 

高江洲 康信たかえす こうしん(日本伝統工芸士)

 

陶歴

昭和22年 壺屋に生れる
昭和44年 父(友丈)に家業である壺屋焼を師事
昭和50年 壺屋陶器事業協同組合員となり壺屋焼の特徴である線彫りを主とした作陶に従事現在に至る
平成01年 高江洲康宣賞 奨励賞受賞
平成03年 沖縄県工業連合会優秀技能者賞受賞
平成10年 沖縄県優秀技能者賞受賞
平成14年 日本伝統工芸士認定
那覇市観光功労賞受賞
平成15年 伝統的工芸品産業功労者沖縄総合事務局長賞受賞

作品