本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

島袋陶器所

陶工紹介


豆獅子から、高さ90Cmのシーサーまでシーサーづくりをメインとする島袋陶器所。
その頑固なまでのシーサーへのこだわりが、シーサーの様々な表情を生み出した。
青色、緑色、黒色、土灰色などの色が揃った面獅子、シーサーと種類も豊富で、伝統シーサーづくりが、大切に受け継げられている。
現在は那覇市伝統工芸館で体験教室も行っており当組合の理事長である。
 

島袋 常栄しまぶくろ じょうえい(日本伝統工芸士)

 

陶歴

昭和45年  父常恵(島袋陶器所)に師事
昭和50年 沖展第27回より毎年入選
昭和55年 第9回日本民芸協会主催
沖縄民芸振興会に於いて
岡山県知事賞受賞
昭和61年 第39回沖展奨励賞受賞 
沖縄現代工芸展入選
平成 2年 壺屋陶器事業協同組合理事就任
沖縄県優秀技能者として県知事賞受賞
平成 6年 沖縄県工芸展入選
平成 8年 第48回沖展賞受賞
沖展準会員に推挙される
壺屋陶器事業協同組合専務理事就任
現代沖縄陶芸奨励賞受賞
沖縄総合事務局長表彰
平成 9年  現代沖縄陶芸展デザイン賞受
平成10年 沖縄県中央会功労賞
平成10年度那覇市観光功労賞受賞
現代沖縄工芸展技能賞受賞
平成12年 那覇市工芸館市長賞奨励賞
沖縄県第1回工芸士に認定される
沖縄県産業まつり工芸フェスティバル奨励賞
平成13年 第53回 沖展・準会員賞受賞
平成14年 経済産業大臣指定(壺屋焼)伝統工芸士に認定される
壺屋陶器事業協同組合理事長 就任
日本伝統工芸士会作品展入賞
第23回産業まつり県知事賞優秀賞受賞
平成17年 愛知万博での「日本の匠」にてシーサーを実演
平成19年 経済産業大臣功労者賞受賞
   新構造展 会友に推挙される

作品