兼嶋 彌至

龍陶窯

陶工紹介

美しい発色の呉須と、くっきりと図柄が浮かび上がる掻き落としなど、伝統の手法を得意とする龍陶窯。
鮮やかな色合いが多い沖縄の陶器の中で、冴えた技のきいた龍陶窯の渋く落ち着いた美しさが漂っている。

兼嶋 彌至かねしま やすし(日本伝統工芸士)

陶歴

昭和50年 育陶園に入所 故高江洲育男(現代の名工)氏に師事
昭和57年 龍陶窯を設立し独立創業 日用雑器を主体に線彫り、
壺屋焼独特の盛付(龍巻)を研究、現在に至る
平成 元年 現代沖縄陶芸展奨励賞
平成 2年 現代沖縄陶芸展技能賞
平成 5年 現代沖縄陶芸展奨励賞
平成11年 県工業連合会優秀技能賞
平成14年 日本伝統工芸士に認定
内閣府沖縄総合事務局長功労賞受賞

作品