本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

小橋川陶芸店・永仁窯

陶工紹介


正統派の焼き締めのシーサーと、ピースー・祈る・礼をするシーサー等ユーモアたっぷりのシーサーもつくる小橋川昇氏。いつも新しいもの楽しいものを追及をする小橋川陶芸店では、他にも線彫りや、土の色を生かした三島抱瓶、三島三日月瓶等のシリーズを製作する等、「使い手の喜びが、作り手の喜び」をモットーに様々な手法に挑戦をする。
 

小橋川 昇こばしがわ のぼる(日本伝統工芸士)

理事

 

陶歴

昭和25年 壺屋にて出生
昭和45年 父・永仁の薫陶を受く
昭和52年 父の故き後を継ぐ
沖展奨励賞連続受賞
準会員に推挙される
昭和54年 国展入選
昭和60年 九州山口陶磁展にて、西日本新聞社賞受賞
第7回現代沖縄陶芸展にて、銀賞受賞
昭和61年 初個展開催(沖縄物産センター画廊)
平成 2年 第12回現代沖縄陶芸展にて銀賞受賞
平成 3年 通産大臣より産地の後継者として、奨励賞受賞
平成 2年 壺屋焼高江洲康宣賞公募展金賞
「伝統工芸士」に認定される
平成 5年 東京にて個展開催(玉川高島屋アート・サロン)
平成 6年 東京にて兄弟展開催(玉川高島屋アート・サロン)
平成 7年 沖縄県優秀技能者表彰
平成 9年 第49回沖展準会員賞受賞
個展開催(沖縄三越ギャラリー)
平成10年 沖縄総合事務局長より伝統的工芸品産業
功労者の伝統工芸士として表彰
平成11年 陶器と絵の展示会共催(壺屋焼物博物館)
平成12年 陶器展開催(プラザハウス2階)
平成22年  現代沖縄陶工展「小橋川昇」開催
平成23年  那覇市制90周年巨大シーサー制作に携わる

作品