本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

小橋川弘陶芸

陶工紹介


焼締シーサーや練り込みシーサー、マスコットシーサー等あらゆるシーサーをつくりながら雑器も練り込みや三島技法そして盛付、壺屋焼ならでわの伝統技法を用いて様々な容器を多種多様につくりあげる小橋川弘陶芸である。
 

小橋川 弘こばしがわ ひろし(日本伝統工芸士)

 

陶歴

昭和55年 父 小橋川永仁に師事
三島線彫模様を主体として修行をする。
昭和61年 第44回沖展初入選
平成 3年 兄(小橋川昇)と兄弟作陶展開催
日本民芸公募展にて最優秀賞受賞
平成 4年 日本民芸公募展にて最優秀賞受賞
平成 5年 第14回産業まつりにて奨励賞受賞
平成 6年 東京玉川高島屋にて兄弟作陶展開催
平成 7年 日清食品現代陶芸「麺鉢大賞」入選
平成 8年 沖縄県工業連合会 優良従業員受賞
平成 3年 通産大臣より産地の後継者として、奨励賞受賞
平成12年 第49回沖展奨励賞受賞
平成13年 独立と同時に小橋川弘陶芸を設立
平成19年 沖縄県工芸士認定
平成20年 第50回沖展奨励賞受賞

作品