本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

常明製陶所

陶工紹介


沖縄での祝儀や祭祀の祭に用いられていた嘉瓶は、豊かでたっぷりとしたシルエットがめでたさをあらわす酒器。
エメラルドグリーンの緑釉、深い黒が際立つ黒釉を流し掛け、滑らかな陶肌の美しさは、常明製陶所の誇るべきもの。
又、抱瓶の南国プリント風になった図柄や亀方カラカラなどはその作品は見ていてるだけで楽しくなる。
 

島袋 明達しまぶくろ めいたつ(日本伝統工芸士)

 

陶歴

昭和25年 那覇市壺屋に生まれる
昭和60年 小橋川製陶所(仁王窯)に入所
昭和61年 常明製陶所設立と同時に入所
父(常明)の薫陶を受ける
平成14年 壺屋陶器事業協同組合の理事に任命
平成18年 沖縄県工芸士認定
壺屋陶器事業協同組合 専務理事に任命
那覇市観光功労賞受賞

作品