本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

育陶園

陶工紹介


カッと目を見開きにらむ、筋骨隆々の力強いシーサーは、育陶園自慢の作品で、焼締め、上焼、素焼とその手法の違いと、それぞれの表情を楽しむことができる。
又、焼締めのカップやアイスペール、水差し、いずれも存在感のある渋い色を放ち、手にとってみると温もりと深い味わいを感じさせる。
工房では陶芸教室や体験教室も行っている。
 

高江洲 忠たかえす ただし(日本伝統工芸士)

理事

陶歴

昭和47年 愛知県窯業訓練校卒業
父育男氏に師事(家業を継ぐ)
昭和48年 沖展入選
昭和53年 陶芸作家、鈴木五郎氏に師事
昭和56年 アメリカバージニア州陶芸指導と作陶展
昭和61年 那覇市伝統工芸品展那覇市長賞
沖縄三越で初個展
昭和62年 高江洲康宣賞
壺屋焼公募展奨励賞
平成 4年 那覇市伝統工芸品那覇市長賞優秀賞
沖縄タイムスホールで第2回個展
平成 6年 アメリカバージニア州陶芸指導
平成 7年 デパートリウボウ美術サロンにて第3回個展
平成11年 デパートリウボウ美術サロンにて第4回個展
沖縄の産業まつり奨励賞
平成13年 横浜市みなとみらい21ギャラリーで
那覇の伝統工芸ふれあい展
沖縄サミット晩餐会に焼締茶碗を制作
平成14年 伝統工芸士の称号を受ける
名護博物館ギャラリーにて作陶二人展
(田部井健二氏)
平成15年 第10回那覇市伝統工芸館まつり奨励賞受賞
平成16年 那覇市観光功労賞受賞
平成18年 第28回現代沖縄陶芸展にて金賞受賞

作品