本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

新垣陶苑

陶工紹介


大胆な構図、色使いで心をとらえる新垣陶苑の作品は、鳥紋や黒釉に縞を現れていて、明るく賑やかで、南の島の悠々とした空間にふさわしいもの。
急須、宝瓶などの湯呑とも組合せが楽しめ、朱杯はエッグスタンドにもアイディア次第で色々楽しめる。
 

新垣 修あらかき おさむ(日本伝統工芸士)

理事

 

陶歴

昭和29年 新垣栄三郎の三男として生れる
昭和50年 沖展、奨励賞受賞、連続2回受賞
昭和51年 第50回国展入選(以後毎回入選)
昭和54年 西部工芸展入選
昭和56年 第23回日本民芸公募展最優秀賞
昭和58年 第35回沖展・沖展賞
第3回現代工芸九州会展入選
昭和60年 石嶺に「おさむ窯」を開窯
日本陶芸展入選
昭和61年 国画会・会友に推挙される
昭和62年 第9回現代沖縄陶芸展(奨励賞)
平成 1年 第41回沖展準会員賞
平成 7年 第47回沖展準会員賞
沖展会員に推挙される
平成 8年 第16回西日本陶芸美術展入選
第18回現代沖縄陶芸展銀賞
平成 9年 第17回西日本陶芸美術展入選
第19回現代沖縄陶芸展金賞
平成10年 第18回現代沖縄陶芸展デザイン賞
伝統的工芸品産業の後継者として通商産業大臣より表彰される
平成11年 第34回西部工芸展入選
平成13年 沖縄県優秀技能者賞受賞
  沖縄県産業まつり奨励賞受賞
平成14年 西日本陶芸美術展、優秀賞受賞
  九州山口陶磁器展、陶業時報社賞受賞
平成20年 国画会会員に推挙される

作品