本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


戻る

新垣製陶所

陶工紹介


民芸を指導した柳宗悦、浜田庄司諸先生方と、広く交友があった祖父、栄徳、そして名陶工と呼ばれた、栄三郎を父にもつ、七代目新垣勲。
その作風は、壺屋焼の特徴である白化粧に魚や花を大胆に線彫りした、南国らしい躍動感に溢れたもの。
使う人間が豊かになれるような、生活雑器づくりを目指すその姿にやさしさが漂います。
 

新垣 勲あらかき いさお(日本伝統工芸士・現代の名工)

 

陶歴

昭和19年 那覇市壺屋にて出生
昭和32年 浪速短期大学デザイン工学科卒業
昭和39年 沖展奨励賞
昭和41年〜44年 沖展奨励賞
昭和45年〜46年 沖展 沖展賞
昭和46年 沖展準会員に推挙
昭和48年 国展新人賞
沖縄民芸振興展 通産大臣賞
昭和50年 沖展 準会員賞
伝統的工芸品産業振興展 会長賞
昭和51年 九州山口陶ホウ展 3位入賞
昭和52年 九州山口陶ホウ展 2位入賞
沖展 準会員賞
沖展会員に推挙
昭和53年 沖縄県産業デザイン振興展 奨励賞
国展 会友に推挙
九州山口陶ホウ展 佳作入賞
沖縄民芸振興展 通産大臣賞
  年次展PAK78 推薦賞
昭和54年 沖縄伝統工芸公募展 優秀賞
  全日本中小企業総合見本市 中小企業庁長官賞
  年次展PAK79 推薦賞
  九州山口陶ホウ展 3位入賞
昭和55年 九州山口陶ホウ展 2位入賞
  伝統的工芸品産業振興展 奨励賞
昭和56年 伝統的工芸品産業振興展 会長賞
  九州山口陶ホウ展 通産大臣賞
昭和57年 日本民芸公募展 優秀賞
  九州山口陶ホウ展 技能賞
昭和61年 九州山口陶ホウ展 読売新聞社賞
  日本美術出版 美術選賞
平成元年 伝統的工芸品産業振興協会 通産大臣奨励賞
平成 3年 通商産業大臣認定 「伝統工芸士」
平成 6年 沖縄県 優秀技能者賞
平成 7年 沖縄総合事務局 沖縄総合事務局長賞
平成 8年 沖縄タイムス 沖縄タイムス芸術選賞奨励賞
九州山口陶ホウ展 熊本放送賞
平成 9年 沖縄県中央会 組合功労賞
平成12年 九州山口陶ホウ展 毎日新聞社賞受賞
平成13年 日本民芸公募展 優秀賞
平成14年 沖縄工業連合会オブレスビー氏工業功労賞受賞
日本伝統工芸士会組合役員功労賞受賞
平成15年 経済産業省 経済産業大臣功労賞受賞
平成18年 現代の名工に認定される
平成19年 日本民芸公募展にて最高賞である経済産業大臣賞受賞

作品